书画爱好者俱乐部网
絵画と書道ファンクラブ
东莞市康烜电子科技有限公司

書画家楊康健

閲覧数:322 
文章附图


  楊康健、1954九竜斎主が生まれ、日、上海在住、幼少期から、無錫九裏河畔に育ち、絵画から好き。じゅうななじゅうしち歳拝(中国美術協会会員、国家一級美術師、蘇州美術館の館長)王勉師事学習洋画です。25歳定住上海、高木先生のご指導のもとで、张培础などの勉強の中国画の花鳥と人物。数十年来勤思経験は、子供の遊びを熟知して、そして夢に見るほど恋しく思わな表現の川のエビ、ケツギョ、鶏肉などを題材に、筆先で体現故郷への深い愛着と熱愛に命の水の呼びかけと祈り;人生に対しての事理を探求と悟り、親友の祝福と励まし合う。作品簡练と言われると、細かい動き。絵柄は自然を明確にして、寓意は常に。

  楊康健の中国画の作品、前後して首都中国国家博物館、上海中華の芸術の宮およびオーストラリア、カナダ、日本、オランダ、香港などの国内外の展示。発表は「検察日報』、『文匯報』、『報告文学』、『東方財経』などの新聞雑誌。編入『「調和のとれたアジア」国際平和アーティスト絵画作品展」など数十種類の画集、最高人民検察院、北京東方古今芸術館などの単位及び上海合作組織秘書長、カザフスタン上海駐在総領事館など国内外の有名人は要収蔵。履歴書に編入『中国書画蔵典』、『上海書画・印刻家名典』、『2016年中国絵画年鑑」などの典籍。上海教育テレビは「海エビ王―楊康健と絵画作品鑑賞」を放送。検察日報特集「海上エビ王の水墨情縁」とし、「自然を明確にして、寓意常に」と題して専門楊康健の中国画の作品投稿。中国画報社は中国文聯副主席、中国美術協会の副主席を書い冯远書名の「楊康健画集》。中国国際切手収集網プロデューサー発行『美しい中国――現代書画名家楊康健記念秘蔵邮册』。

  楊康健現中国の画家協会の会員、中国の工芸美術家協会会員、上海市美術協会海墨画が絵師、上海盛世芸術品研究センター副理事長、多家信書画院特任書画家。定年前中国文聯係検事書画協会常務理事、上海市検事文連専任副秘書長兼書道美術委員会主任。


画家杨康健画家杨康健画家杨康健画家杨康健画家杨康健画家杨康健画家杨康健画家杨康健画家杨康健画家杨康健画家杨康健画家杨康健画家杨康健画家杨康健画家杨康健画家杨康健119.png画家杨康健画家杨康健画家杨康健画家杨康健画家杨康健画家杨康健

中国书画爱好者俱乐部中国书画爱好者俱乐部中国书画爱好者俱乐部中国书画爱好者俱乐部中国书画爱好者俱乐部中国书画爱好者俱乐部中国书画爱好者俱乐部中国书画爱好者俱乐部


杨康健老师的九龙斋‍博客http://ykjlh-369.blog.163.com/


画家杨康健画家杨康健画家杨康健画家杨康健画家杨康健画家杨康健画家杨康健画家杨康健画家杨康健画家杨康健