书画爱好者俱乐部网
絵画と書道ファンクラブ
东莞市康烜电子科技有限公司

書画家张喜来

閲覧数:146 
文章附图

张喜来、1957年に北京に生まれ、雪斎号を抱いて。幼いころから書画の芸術は、1985年に参加する中国書画通信制大学で勉強し、王成喜、吕鑫。写意で花鳥を基本绘事、数年後を描く作品を主力梅、回臨歴代名家梅作品は特に、清代の画梅みんな独鍾。赵之谦、揚州八怪、吴昌硕の技法と構造そのペンで升華する。現文旅部中国書画院理事、中国画院画家。

その間に達することができる作品を梅を歴訪し名高い先生、教え于関山月、董寿平等名家を得て、一心に伝授、恵みを受け、その絵画作品の完成の域に達し。を悟り梅骨の精神を、何度も無錫市、南京写生観梅、特に南京梅山の天気に恵まれる大雪降る雪の中、本当に悟って梅の趣。その作品の筆墨、古風で質樸で、風格が高いプッシュして、富んでいる神韻。枝千など篆書、輪郭線ように。作品は独自のスタイルを形成している。

この作品は全国各展覧会に参加して受賞し、多くの作品が国際友人に収蔵され、数冊の個人画集で出版される。その作品『梅魂」が組み込まれて『中国書画名人収蔵ガイド』;作品『傲雪迎春」が組み込まれて『中国京海書画作品集』大画集;作品『香雪)』『翰墨に編入され迎盛世丹調和』や『中国名家作品集』大画集;作品『傲雪』に編入され豊台揽胜』『絵本;作品『春』は天地に編入され「丹頌オリンピック」の絵本;作品『が輝』に速、中国美術協会、中国書協、光明日報、中央文歴史編纂所共同主催創設90週年を祝う全国書画展を出版、大型の画集、その作品は専門家と同業の高さ評価。