书画爱好者俱乐部网
絵画と書道ファンクラブ
东莞市康烜电子科技有限公司

書画家劉三徳

閲覧数:141 
文章附图

劉三徳、また忠心。祖籍中国古乾州。六十年代の初め、西安の美術学院に芸を作って、後に太白山の麓に身を投じて、18年かけて、青山を擁して、緑を抱いて、風を吹き込んで、酔っ払って丹青に酔うことができて、その芸術と光陰は意外にも進んで、そして歳月は共に昇華しました。その絵の道はとても広くて、山水の人物、花鳥は獣で、すべて独創的な造詣があります。虎の雄風と牡丹の和やかさが一番好きで、彼は次のものの中で2つの奇を書体として、人生に対する感情と美しい生活への憧れを書いている。この問題の虎の詩の中で、「山中獣の中の王を借りて、中華も気前がいい」と書いている。題目の牡丹の詩には、長安牡丹の富貴と、千万の家に向かってほしいと書いている。そのための3得:1曰の人は高徳を備えていて、誠実で善良で、2曰の画具は高徳で、とても厚い華養を備えています。そのスタジオは、「長安」という。

2013年に「第2回陝西省の最も文化的影響力のある10大本画風雲人物」という称号を受賞した。世界華人書画芸術網高級顧問、陝西書画芸術研究院理事、陝西新星工筆画院副院長、西安市文史館研究員、秦嶺書画院理事、陝西炎黄書院研究員。

5.jpg3.jpg2.jpg7.jpg8.jpg4.jpg1.jpg6.jpg